※ 午後の診療は完全予約制です。また、診療終了時間が18時に変更しています。

混合ワクチンについて

仔犬・子猫の混合ワクチン

仔犬や子猫のワクチン接種に関しては、接種回数、接種時期やワクチンの種類など、ブリーダー、ペットショップや獣医師でもそれぞれ考えがあり、推奨する接種の仕方が違うことが多いようです。
当院では飼育環境にあった適切なワクチン接種のスケジュールを提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

成犬の混合ワクチン

犬用ワクチンは5種混合ワクチン、10種混合ワクチンを取り扱っています。どちらも現時点では成犬で1年に一回接種することを推奨しています。
5種混合ワクチンは主に室内飼いで散歩にあまり行かない子に、10種混合ワクチンは川沿いの散歩や他の動物との接触が多い子におすすめしています。
上記の10種混合ワクチンの重要性の理由として、大阪府内での浮浪犬の調査で10種混合ワクチンで予防可能なレプトスピラ症のL.Grippotyphosa、L.Pomona抗体保有率が他県に比べてとても高いためです。

成猫の混合ワクチン

猫用ワクチンは3種混合ワクチン、5種混合ワクチンを取り扱っています。3種混合ワクチンは完全な室内飼いの子におすすめしています。成猫では3年に一回接種することを推奨しています。
5種混合ワクチンは外出する子や、同居にFeLV感染猫がいる場合におすすめしています。成猫では1年に一回接種することを推奨しています。